HOME > NGOダイレクトリー

NGOダイレクトリー


印刷する

団体名

(法人格)日本語団体名 公益財団法人プラン・インターナショナル・ジャパン
英語名(正式名称) Plan International Japan

所在地

郵便番号 154-8545
住所 東京都世田谷区三軒茶屋2-11-22サンタワーズセンタービル11F
電話番号 03-5481-0030
FAX番号 03-5481-6200
URL http://www.plan-international.jp
E-Mail hello@plan-international.jp

事務局開所曜日

曜日 月 火 水 木 金

設立年月

国内設立年月 1983/5/1
海外設立年月 1937/12/1
法人取得年月日 1986/4/1
主務官庁 外務省
認定取得(有無)
認定取得年月日 2011/2/1

代表者

代表者 池上 清子
役職名 理事長

事務局責任者

代表者 佐藤 活朗
役職名 事務局長

海外事務所

国数 70
所在地 【本部】英国
【支援国事務所】21カ国
【活動国事務所】51カ国(アジア14カ国、アフリカ25カ国、中南米12カ国)

設立の経緯

開発途上国の貧困地域に暮らす子どもたち、その家族および地域社会の発展を支援するために、同じ目的を持つプラン・インターナショナルInc.と連携する形で、組織を設立した。

組織の目的

子どもの権利を推進し、貧困や差別のない社会を実現する。

意思決定機構

機構の名称 評議員会(13名)、理事会(13名)、監事(2名)、顧問(1名)
1年間の回数 4

事務局(スタッフの人数) ※専従=週5日以上勤務、非専従=週1~4日

有給専従 60名(うち海外駐在2名)

会員制度

有無
会員以外の支援者制度 ・プラン・スポンサーシップ: 約3万6,000人(個人・法人)
・プラン・マンスリー・サポーター: 約1万5,000人(個人・法人)
・Girl's Project継続支援者:約 9,000人(個人・法人)
・プラン特別プロジェクト:約40件(年間)

加盟ネットワーク

加盟ネットワーク名 1.国際協力NGOセンター(JANIC)
2.開発教育協会(DEAR)
3.教育協力NGOネットワーク(JNNE)
4.SDGs市民社会ネットワーク

現地の協力団体

団体名 1.UNICEF
2.WFP
ほか
所在国、地域 70カ国

国際協力事業の対象分野・対象者・対象国

対象分野[対象国] ・農村開発[アジア・アフリカ・中南米の51カ国]
・都市(スラム)開発[バングラデシュ、インドほか]
・小規模融資[アジア・アフリカ・中南米の51カ国]
・教育[アジア・アフリカ・中南米の51カ国]
・職業訓練[アジア・アフリカ・中南米の51カ国]
・保健医療[アジア・アフリカ・中南米の51カ国]
・給水・水資源[アジア・アフリカ・中南米の51カ国]
・食糧・飢餓
・自然災害[ハイチ、ベトナム、ニジェールほか]
・植林・森林の保全[インドネシア]
・平和活動[アジア・アフリカ・中南米の51カ国]
・環境教育[アジア・アフリカ・中南米の51カ国]
・人権全般[全活動国]
対象者[対象国] ・難民・国内避難民[マリ]
・女性[アジア・アフリカ・中南米の51カ国]
・子ども[アジア・アフリカ・中南米の51カ国]
・障害者[アジア・アフリカ・中南米の51カ国]
・少数民族[アジア・アフリカ・中南米の51カ国]
・被災者[アジア・アフリカ・中南米の51カ国]
海外事業 プランは人道主義にもとづき、子どもとともに地域開発をすすめる国際NGOです。宗教・政治には中立の立場です。私たちの活動の基盤は、途上国の子どもたちを手紙で応援するプラン・スポンサーシップという支援方法にあります。
地域が貧困に立ち向かう力をつけて向上していくために、次の8つの分野で総合的に活動しています。
1)教育、2)保健、3)性と生殖に関する健康と権利、4)水と衛生、5)家計の安定、6)子どもの参加、7)子どもの保護、8)緊急支援
国内事業 日本では、世界の支援国と共通の目標・使命のもと、途上国開発を推進しています。皆さまに信頼していただける団体であり続けるために、プロジェクトの管理や支援者への活動報告はもちろん、会計報告や個人情報保護などを徹底しています。また、国内で途上国支援の輪を広げるべく、さまざまな機関、団体、企業、学校などとの連携を深めています。
海外・国内を問わない事業 ・政策提言(アドボカシー)
・NGO間ネットワーキング

過去2年間の国際協力(海外・国内)に関する主な具体的事業

海外事業 ・途上国における地域開発支援

・途上国における緊急・復興支援

・アドボカシー・キャンペーン: 出生登録、教育、ジェンダー

・BR活動: ネットワークの構築、支援者と交流する支援対象地域住民等のサポート業務(例:報告書作成、手紙受付・翻訳・送付等)
国内事業 ・広報活動: 機関誌発行、イベント開催、報告会・説明会開催等

・アドボカシー:Because I am a Girlキャンペーン、ジェンダーや教育に関する政策提言

・開発教育: 講師派遣、事務局訪問、夏休み読書感想文コンクール、オリジナル教材の提供

・BR活動: 支援対象地域の住民と交流する支援者のサポート業務 例:報告書送付、手紙受付・翻訳・送付、問合せ対応、交流促進キャンペーン等

今後2年間に予定されている主な事業

予定 ・途上国における地域開発活動
・途上国における緊急・復興支援活動
・国際相互理解の促進(BR、広報、アドボカシー、開発教育)

国連ミレニアム開発目標(MDGs)への取組み

取り組んでいる開発目標 ・目標1:貧困と飢餓をなくす
・目標2:教育を受ける機会をもつ
・目標3:ジェンダーの平等
・目標4:乳幼児死亡率を下げる
・目標5:妊産婦の健康改善
・目標6:エイズやマラリアなどの感染症を防ぐ
・目標7:環境を守る

収支状況

会計期間 2015年7月 ~ 2016年6月
【収入の部】
寄付金(個人、企業等) 2,770,229,472円
基金運用益 3,877,277円
助成金収入 646,852,809円
当期収入計 3,420,959,558円
前年度繰越金 1,640,639,867円
【支出の部】
事業費計 3,319,342,138円
 海外事業費  2,623,332,110円 (人件費含む)
 国内事業費  696,010,028円 (人件費含む)
事務管理費 115,337,095円
その他の支出 0円
当期支出計 3,434,679,233円
次年度繰越金 1,677,925,414円
決算報告へ

活動参加への手引き

個人会員 ・プラン・スポンサーシップ: 月額3,000円、4,000円、5,000円から選択
・プラン・マンスリー・サポーター: 1口1,000円から
・Girl's Project継続支援者:1口1,000円から

会員および非会員が参加できる企画

シンポジウム・セミナー、報告会、映像上映会、写真展、スタディツアー(支援者のみ)

ボランティア内容

国内事務、イベント、キャンペーン、翻訳、コンピュータ入力、その他

インターンの受け入れ

・無給: 国内

企業との連携

実績の有無
方針 積極的に推進していく
連携先企業に望む事柄 社会問題への継続的な支援
希望する形態
  • 特定プロジェクト・イベント・セミナーキャンペーン等への寄付や助成金、協賛
  • 使途を限定しない寄付や助成金、協賛
  • 商品・製品・機械等の提供
  • 施設の提供
  • 企業からのボランティアの受け入れ(日本国内)
  • 企業からのプロボノ(専門性を生かしたボランティア)の受け入れ
  • イベント・セミナー・キャンペーン等の共催・後援名義
  • CSR調達コンサルティング
  • コーズマーケティング
関連情報の発信 https://www.plan-international.jp/company/
主な企業連携実績 【形態】
  • 特定プロジェクト・イベント・セミナーキャンペーン等への寄付や助成金、協賛
  • コーズマーケティング
  • 施設の提供
【分野】
  • 教育・職業訓練分野
  • 保健・医療分野
  • 東日本大震災

日本国内で外部からの依頼を受けての講師派遣

実施の有無
主なテーマ 団体の活動紹介、途上国の子どもたちに関する問題など

「総合的な学習の時間」協力

実施の有無
  講師派遣のほか、事務局見学を兼ねた受入れ授業も行っています。お気軽にご相談ください。

定期刊行物

名称、種類、言語、
年間発行回数、配布部数
1.プラン・ニュース(ニュースレター、日本語、年3回、60,000部)
2.年次報告書(年1回、日本語、60,000部)

視聴覚資料

題名、種類、制作年、一般貸出 ポスター提供、映像の無料貸し出し。詳しくはお問い合わせください。

刊行物のリストカタログ

有無