HOME > NGOダイレクトリー

NGOダイレクトリー


印刷する

団体名

(法人格)日本語団体名 認定特定非営利活動法人 ACE(エース)
団体名(ふりがな) えーす
英語名(正式名称) Action against Child Exploitation
英語名(略称) ACE
JANIC正会員 [画像]JANIC正会員
アカウンタビリティ取得 [画像]アカウンタビリティ2008取得    [画像]アカウンタビリティ2012取得

所在地

郵便番号 110-0015
住所 東京都台東区東上野1-6-4あつきビル3F
電話番号 03-3835-7555
FAX番号 03-3835-7601
URL http://acejapan.org/
E-Mail info@acejapan.org

事務局開所曜日

曜日 月 火 水 木 金

設立年月

国内設立年月 1997/12/1
法人取得年月日 2005/8/1
主務官庁 東京都
認定取得(有無)
認定取得年月日 2010/3/31

代表者

代表者 岩附 由香
役職名 代表

事務局責任者

代表者 白木 朋子
役職名 事務局長

設立の経緯

世界107カ国が参加して実施された「児童労働に反対するグローバルマーチ」の日本での実施を目的に、学生5人で1997年12月に設立。2005年8月にNPO法人化、2010年認定NPO法人取得。

組織の目的

子どもの権利が保障され、すべての子どもが希望を持って安心して暮らせる社会を実現するために、市民とともに行動し、児童労働の撤廃と予防に取り組みます。

意思決定機構

機構の名称 ・総会(議決権保有 正会員135人)
・理事会5人
1年間の回数 各1回以上

事務局(スタッフの人数) ※専従=週5日以上勤務、非専従=週1~4日

有給専従 国内[女:6・男:2]
有給非専従 国内[女:2]
無給非専従 国内[女:7 男1]

会員制度

有無
会員の名称 ・正会員:142人
・賛助会員:個人84人、法人21
会員以外の支援者制度 ・マンスリーサポーター:357人

加盟ネットワーク

加盟ネットワーク名

現地の協力団体

団体名 (1)Bachpan Bachao Andolan(BBA)
(2)SPEED(スピード)
(3)CRADA(クラダ)
所在国、地域 (1)インド、デリー州・ラジャスターン州
(2)インド、アンドラプラデシュ州
(3)ガーナ、アシャンティ州

国際協力事業の対象分野・対象者・対象国

対象分野[対象国] ・農村開発[ガーナ、インド、国内]
・農業[ガーナ、インド、国内]
・教育[ガーナ、インド、国内]
・職業訓練[ガーナ、インド、国内]
・小規模融資[ガーナ、国内]
・人権全般[ガーナ、インド、国内]
対象者[対象国] ・子ども[ガーナ、インド、国内]
・女性[ガーナ、インド、国内]
海外事業 ・資金支援(奨学金事業を含む)[「南(いわゆる途上国)の人々が必要とする資金を提供する形の協力]
・その他[途上国のパートナー団体との協働による調査、プロジェクト立案・実施]
国内事業 ・情報提供[日本社会に対して、政治、経済、社会、文化、環境、法律、技術、その他の情報を提供する形の協力]
・地球市民教育(開発教育、環境教育、人権教育、平和教育)[日本社会に対して「南」の現状を知らせ、貧困、抑圧、紛争、環境破壊などの問題や、南北の格差が縮まらないことについての構造的な原因について理解を深め、それを正す行動を促す学習活動を深める「開発教育」や、環境、人権、平和などの問題を学び、地球的視野で考え行動する地球市民を育てるといった教育活動による協力]
・調査研究[現地が抱える問題や課題、また国際協力に関連する国内の調査研究活動を行うことによる協力]
海外・国内を問わない事業 ・フェアトレード[「南」の生産者が作った製品を不当に安く買うような貿易ではなく、正当な対価を得られるような貿易の実現を図る協力。公正貿易、草の根貿易。]
・政策提言(アドボカシー)[在日外国人などが必要とする物資を提供する形の協力]
・NGO間ネットワーキング[ネットワークを形成することで、情報交流や資源の共有、協力体制の強化などを進める協力]

過去2年間の国際協力(海外・国内)に関する主な具体的事業

海外事業 ○「スマイル・ガーナ プロジェクト」
ガーナのカカオ生産地の子どもを児童労働から守り、教育や農家の収入向上を支援。

○「ピース・インド プロジェクト」
インドのコットン生産地で子どもを児童労働から守り、子どもの就学と住民参加の村づくりを支援。

○インド「子どもにやさしい村」プロジェクト
インドの農村で児童労働をなくし、子ども参加による持続可能な村づくりを支援。
国内事業 ○啓発・市民参加事業
児童労働の問題がどこか遠くのことではない、身近な問題だと気づくきっかけづくりを行っています。

○アドボカシー事業
政府や企業に児童労働の撤廃と予防への取り組みを働きかけています。児童労働の問題に取り組む組織と連携し、提言・啓発活動を行う事業です。ACEの事業活動を広く伝えるためのメディアリレーションや各種広報物、ウェブサイトでの情報発信などを実施。

○ソーシャルビジネス推進事業
売り上げの一部が寄付になる商品の開発など、新しい国際協力の仕組みづくりを行なっています。

今後2年間に予定されている主な事業

予定 ・ACE設立15周年記念「ドキュメンタリー映画」制作・上映
・コットンCSRサミットの開催
・ACEが支援し、児童労働をなくしてきた地域から調達したカカオを使ったチョコレートの商品化と販売

国連ミレニアム開発目標(MDGs)への取組み

取り組んでいる開発目標 ・目標1:貧困と飢餓をなくす
・目標2:教育を受ける機会をもつ
・目標3:ジェンダーの平等
・目標8:世界的な協力体制

支援・助成事業

支援・助成事業 ・特定非営利活動法人アーユス仏教国際協力ネットワーク
・特定非営利活動法人 国際協力NGO センター(JANIC)
・公益財団法人社会貢献支援財団
・国際ソロプチミスト
・財団法人地球市民財団
・社会福祉法人 中央共同募金会
・東京都 中小企業両立支援推進助成金
・日本労働組合総連合会
・公益財団法人 三菱UFJ 国際財団

収支状況

会計期間 2014年9月1日~2015年8月31日
【収入の部】
会費 3,594,000円
寄付金(個人、企業等) 51,375,210円
基金運用益 8,051,000円
自主事業収入 221,616,711円
助成金収入 4,656,290円
その他の収入 70,441円
当期収入計 81,857,652円
前年度繰越金 6,761,202円
合計  10,899,122円
【支出の部】
事業費計 66,482,490円
事務管理費 11,167,242円
その他の支出 0円
当期支出計 77,649,732円
次年度繰越金 10,899,122円
合計  88,548,854円
決算報告へ

活動参加への手引き

個人会員 ・子ども/学生正会員:6,000円(年会費)
・一般正会員:12,000円(年会費)
・個人賛助会員:6,000円(年会費)
団体会員 ・非営利団体賛助会員:30,000円(年会費)
・企業/営利団体賛助会員:50,000円(年会費)
その他会員 ・マンスリーサポーター:月々1000円~
 自働引落またはクレジットカードによるご寄附

会員および非会員が参加できる企画

シンポジウム、セミナー、講演会、報告会、パネル・写真展、パーティ、チャリティスポーツイベント、スタディツアー、物資提供

ボランティア内容

国内事業、イベント、キャンペーン、翻訳、Web作成、その他

インターンの受け入れ

・無給: 国内

企業との連携

実績の有無
方針 積極的に推進していく
連携先企業に望む事柄 CSRとして取り組む社会問題の消費者へのアピール
希望する形態
  • 特定プロジェクト・イベント・セミナーキャンペーン等への寄付や助成金、協賛
  • 使途を限定しない寄付や助成金、協賛
  • 商品・製品・機械等の提供
  • 施設の提供
  • 企業からのボランティアの受け入れ(日本国内)
  • 企業からのプロボノ(専門性を生かしたボランティア)の受け入れ
  • 企業からの専門家(理事などのマネジメント含む)の受け入れ
  • イベント・セミナー・キャンペーン等の共催・後援名義
  • 社員教育
  • CSR調達コンサルティング
  • 企業のステークホルダーダイアログへの参加
  • アドバイザリー(助言委員会)や社外取締役としての企業のガバナンスへの参加
  • コーズマーケティング
  • BOPビジネス
  • その他
関連情報の発信 http://acejapan.org/modules/partner/index.html
主な企業連携実績 【形態】
  • 商品・製品・機械等の提供
  • 特定プロジェクト・イベント・セミナーキャンペーン等への寄付や助成金、協賛
  • 使途を限定しない寄付や助成金、協賛
【分野】
  • 教育・職業訓練分野
  • 政策提言分野

日本国内で外部からの依頼を受けての講師派遣

実施の有無
主なテーマ 「児童労働」「児童労働とフェアトレード」「CSRと児童労働」「ファンドレイジング(資金調達)」「NPOと企業の連携」「CSR調達」「カカオ産業の児童労働」「コットン産業の児童労働」

「総合的な学習の時間」協力

実施の有無
  ACEオリジナル教材の販売・貸出・講師派遣を実施)
・「おいしいチョコレートの真実」
・「感じてみよう 働く子どもの気持ち」
・「サッカーボール縫い体験キット」
・「児童労働写真パネル」etc

活動に役立てている収集物

使わなくなったブランド品や商品券、本・CD・DVDなど
http://acejapan.org/bagtothefuture/

定期刊行物

名称、種類、言語、
年間発行回数、配布部数
・年次報告書(年次報告書、日本語、年1回、3000部)
・ACE活動レポート(ニュースレター、日本語、年3回、1500部)

出版物

題名、種類、制作年、一般貸出 『わたし8歳、カカオ畑で働きつづけて。』(2007年:合同出版)
『そのこ』詩・谷川俊太郎 絵・塚本やすし(2010年:晶文社)
『 子どもたちにしあわせを運ぶチョコレート。世界から児童労働をなくす方法』(2015年:合同出版)
ACEワーキングペーパーシリーズNo.3 児童労働の撤廃へ向けた課題と日本ができること(2010年)
教材「おいしいチョコレートの真実」(2008年)

視聴覚資料

題名、種類、制作年、一般貸出 「おいしいチョコレートの真実」DVD 定価3,000円
「児童労働写真パネルセット」パネル(有料:貸出受付中)

刊行物のリストカタログ

有無