HOME > NGOダイレクトリー

NGOダイレクトリー


印刷する

団体名

(法人格)日本語団体名 特定非営利活動法人 ミレニアム・プロミス・ジャパン
団体名(ふりがな) とくていひえいりかつどうほうじん みれにあむ・ぷろみす・じゃぱん
英語名(正式名称) Millennium Promise Japan
英語名(略称) MPJ

所在地

郵便番号 113-0034
住所 東京都文京区小石川4-16-13小石川パークタワー101
電話番号 03-5842-2801
FAX番号 03-5842-2802
URL http://millenniumpromise.jp
E-Mail mpjapan@drive.ocn.ne.jp

事務局開所曜日

曜日 月 火 水 木 金

設立年月

国内設立年月 2007年12月
法人取得年月日 2008年4月
主務官庁 東京都
認定取得(有無)
認定取得年月日 2013年3月

代表者

代表者 北岡理恵子
役職名 理事長

事務局責任者

代表者 高山芙美
役職名 理事長補佐

国内の支部・事務所等

支部・事務所名 なし

海外事務所

国数 なし

設立の経緯

前会長が国連次席大使時代に、国連事務総長特別顧問のジェフリー・サックス教授が設立したミレニアム・ビレッジ・プロジェクトにかかわったことをきっかけに、日本帰国後も同プロジェクト支援を通じて貧困削減に向けた支援活動をするためMPJを設立しました。

組織の目的

ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)は、国連が設定したミレニアム開発目標(MDGs)、その後継目標の持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向け、ミレニアム・ビレッジ(サハラ砂漠以南の10ヵ国80村)をはじめとするアフリカ等への支援活動を行い、貧困の削減、生活水準と教育の向上、男女平等などに寄与し、村民の自立を支援します。
日本国内においては、一般の人々の間でMDGsやSDGs、アフリカ支援などの活動への理解を深めるとともに、日本外交の柱である「人間の安全保障」を推進し、日本人のグローバルな課題に関する社会教育を進め、国際平和の推進に努めます。さらに、日本からアフリカへの投資促進と文化交流を深め、相互の経済発展や相互理解に寄与します。また、2011年の東日本大震災後は、国内外の災害復興支援も活動範囲とし、東北の被災地における支援活動を開始しました。

意思決定機構

機構の名称 理事会、総会
1年間の回数 理事会年3~4回、総会年1回

事務局(スタッフの人数) ※専従=週5日以上勤務、非専従=週1~4日

有給専従 国内[女:2]
有給非専従 国内[女:2]
無給非専従 国内[女:1]

会員制度

有無
会員の名称 正会員年会費 
個人10,000円
法人100,000円
会員以外の支援者制度 サポーター(寄付者)

加盟ネットワーク

加盟ネットワーク名 国際協力NGOセンター(JANIC)
Japan Platform
動く→動かす
メンバーとして加盟の有無 日本ファンドレイジング協会

現地の協力団体

団体名 MDG Center
所在国、地域 Kenya & Senegal

国際協力事業の対象分野・対象者・対象国

対象分野[対象国] 対象分野:教育、農村開発
対象国:アフリカ諸国ほか
対象者[対象国] ウガンダ、ケニア、タンザニア、ルワンダ、エチオピア、マラウィ、ガーナ、セネガル、ナイジェリアほか
海外事業 女児中等教育就学支援、小学校建設、点滴灌漑事業(いずれもウガンダ)
洪水被災者への食糧支援(マラウイ)
国内事業 啓発事業(研究会・懇親会開催、教育機関等への講演会出講)
派遣・交流事業(アフリカへの学生派遣、日本とアフリカの学生の交流会、アフリカ留学生奨学金支援)

過去2年間の国際協力(海外・国内)に関する主な具体的事業

海外事業 学校建設、女児中等教育就学支援、点滴灌漑農業、(いずれもウガンダ)
アフリカでのソーシャルビジネス支援、BOPビジネス支援
台風被災地域での小学校再建支援(フィリピン)
国内事業 啓発事業(研究会開催、講演会開催、中学校講演)
派遣・交流事業(アフリカへの学生派遣、日本とアフリカの学生の交流会)
東日本震災地復興支援、チャリティーコンサート

今後2年間に予定されている主な事業

予定 アフリカの女児中等教育就学支援、女性の自立支援事業
研究会、国内中学校での講演等の啓発活動
アフリカへの学生派遣、交流会

国連ミレニアム開発目標(MDGs)への取組み

取り組んでいる開発目標 ・目標1:貧困と飢餓をなくす
・目標2:教育を受ける機会をもつ
・目標3:ジェンダーの平等
・目標4:乳幼児死亡率を下げる
・目標5:妊産婦の健康改善
・目標6:エイズやマラリアなどの感染症を防ぐ
・目標7:環境を守る
・目標8:世界的な協力体制

会員および非会員が参加できる企画

研究会、日本とアフリカの学生の交流会

ボランティア内容

翻訳、事務補助

インターンの受け入れ

企業との連携

実績の有無
方針 積極的に推進していく
連携先企業に望む事柄 連携の目的・理念の共有
希望する形態
  • 特定プロジェクト・イベント・セミナーキャンペーン等への寄付や助成金、協賛
  • 使途を限定しない寄付や助成金、協賛
  • 商品・製品・機械等の提供
主な企業連携実績 【形態】
  • 使途を限定しない寄付や助成金、協賛
  • 商品・製品・機械等の提供
  • イベント・セミナー・キャンペーン等の共催・後援名義

日本国内で外部からの依頼を受けての講師派遣

実施の有無
主なテーマ ミレニアム・ビレッジ・プロジェクトについて
国連ミレニアム開発目標について
MPJの活動について

「総合的な学習の時間」協力

実施の有無
  貧困削減
国連ミレニアム開発目標とは

視聴覚資料

題名、種類、制作年、一般貸出 DVD「1,3,5seasons~ミレニアム・ビレッジ・プロジェクトの5年」

刊行物のリストカタログ

有無