HOME > NGOダイレクトリー

NGOダイレクトリー


印刷する

団体名

(法人格)日本語団体名 特定非営利活動法人ホープフル・タッチ
団体名(ふりがな) とくていひえいりかつどうほうじんほーぷふる・たっち
英語名(正式名称) Hopeful Touch
英語名(略称) HT

所在地

郵便番号 151-0051
住所 東京都
電話番号 080-9883-3865
URL http://hopefultouch-jp.org
E-Mail info@hopefultouch-jp.org

設立年月

国内設立年月 2016年3月20日
海外設立年月 2016年3月20日
法人取得年月日 2017年3月9日
認定取得(有無)

代表者

代表者 高田みほ
役職名 代表理事・事務局長

海外事務所

国数 2
所在地 トルコ、スーダン

設立の経緯

ホープフル・タッチの活動は、シリア戦争後のトルコで出会い、ビジョンを共有したシリア人2名と日本人1名による小さなボランティア活動から始まりました。これら3名はそれぞれ、キャンプ外のシリア難民への緊急人道支援を実施するNGOに勤務し、トルコ南東部、シリアとの国境県にて大規模な食糧支援に当たっていました。この緊急支援事業を通じ、最低限の生活水準でテント生活を送る1,000世帯以上のシリア人家族と出会い、多くの家族や子どもから「行かれる学校がない」、「とにかく勉強がしたいのになにもできない」という声を日々聞いていました。キャンプ外の市郊外農村地にはシリア人学校がなく、村にあるトルコ公立学校も積極的にシリア人を受け入れてはいませんでした。勤務先では子どもへの支援を実施しておらず、他の支援機関の活動は市内中心に集中しており、遠隔地である農村地では教育支援が実施されていませんでした。この状況に対し、様々な支援から取り残された子ども達へ最低限の学ぶ機会を提供する、小規模ながらも自分達ができる範囲で独自の活動を始めました。2016年3月にボランティア活動を開始してからこれまでに、ほかに学ぶ機会のない100名以上のシリア難民の子ども達が、村内のテント教室で母国語であるアラビア語の読み書き・計算を学んできました。またシリア難民の子ども達との活動を通じて、世界中で、国際社会から忘れられた弱い立場にある子ども達を見守る必要性を認識し、カンボジアやスーダンでも活動を始めました。
団体名称「ホープフル・タッチ(Hopeful Touch)」は、いかなる社会環境にあっても、子どもが希望をもって成長できるよう、弱い立場にある子どもに手を差し伸べ、子どもの発達と平和を手助けできるよう想いを込めて付けました。

組織の目的

災害や飢餓貧困、劣悪な社会環境下で生きる子ども達の権利の保護・実現に務めることで、国際社会における子どもの平和と発達の促進に寄与する。

意思決定機構

機構の名称 総会、13名
1年間の回数 1〜2回

会員制度

有無
会員の名称 正会員:【個人】年会費12,000円(当団体の趣旨に賛同し総会での議決権をもつ個人)
賛助会員:【個人】年会費6,000円(当団体の趣旨に賛同する個人)【団体】年会費30,000円(当団体の趣旨に賛同する団体)

国際協力事業の対象分野・対象者・対象国

対象分野[対象国] 教育、子ども保護、保健衛生、子どもの参加
対象者[対象国] 子ども、保護者、教師(トルコ(シリア難民)、スーダン、カンボジア)

国連ミレニアム開発目標(MDGs)への取組み

取り組んでいる開発目標 ・目標1:貧困と飢餓をなくす
・目標2:教育を受ける機会をもつ
・目標8:世界的な協力体制

企業との連携

実績の有無
方針 積極的に推進していく
連携先企業に望む事柄 社会問題への継続的な支援
希望する形態
  • 特定プロジェクト・イベント・セミナーキャンペーン等への寄付や助成金、協賛
  • 使途を限定しない寄付や助成金、協賛
  • 商品・製品・機械等の提供
  • イベント・セミナー・キャンペーン等の共催・後援名義
主な企業連携実績 【形態】
  • 特定プロジェクト・イベント・セミナーキャンペーン等への寄付や助成金、協賛
【分野】
  • 教育・職業訓練分野
  • 飢餓分野
  • 保健・医療分野

日本国内で外部からの依頼を受けての講師派遣

実施の有無

「総合的な学習の時間」協力

実施の有無